株式会社エマルションフローテクノロジーズ

TEAM

鈴木 裕士
鈴木 裕士
代表取締役社長/CEO

2003年に日本原子力研究所(現、日本原子力研究開発機構/JAEA)に入所してから、約15年間にわたり中性子利用研究に従事。2018年度にNEDO SSAを受講。その後、JAEA 内にイノベーション推進室を設立し、原子力分野から創出される研究開発成果の社会実装の支援を開始。その活動において長縄との出会いがあり、エマルションフローの普及を目指したJAEA発ベンチャー「株式会社エマルションフローテクノロジーズ」を設立。エマルションフロー技術を活用した事業展開を主導。

長縄 弘親
長縄 弘親
取締役/CTO /トータルサポート事業部長

1989年に東京理科大学大学院博士課程修了後、フランス原子力エネルギー庁国立原子科学技術研究所ポスドク、日本原子力研究所専門研究員を経て、1992年に日本原子力研究所に入所。30年以上にわたり、溶媒抽出などの元素分離に関する研究に従事する中、永野らとともにエマルションフローを創出し、鈴木(英)らとともに分子集合体を利用した新たな抽出系を開発。鈴木(裕)との出会いにより、エマルションフローなどの自らによる社会実装を決意し、株式会社エマルションフローテクノロジーズを設立した。エマルションフロー技術の応用展開、高度化開発を主導。

永野 哲志
永野 哲志
Founder

1986年に日本原子力研究所(現、日本原子力研究開発機構)に入所して以来、放射性廃棄物の処理処分の研究や、環境中での放射性核種の移動挙動の研究に従事。2010年頃からは、長縄、鈴木(英)らとともに、新規の放射性廃液処理技術であるエマルションフロー技術の開発を手掛け、「株式会社エマルションフローテクノロジーズ」の設立にも参画。エマルションフローによる抽出プロセスの開発を主導。

鈴木 英哉
鈴木 英哉
Founder

高等学校教諭を経て、2003年、茨城大学大学院博士課程修了後、日本原子力研究所専門研究員、及び日本原子力研究開発機構任期付研究員として、溶媒抽出法を用いた元素分離に関する研究に従事。2010年より新規溶媒抽出技術エマルションフロー法の技術開発を行い、2021年、株式会社エマルションフローテクノロジーズ設立に参画。

小正 瑞季
小正 瑞季
社外取締役

2008年に慶應義塾大学大学院(バイオインフォマティクス専攻)修了後、三井住友銀行、SMBC日興証券を経て、2015年にリアルテックファンドへ参画。月面輸送船、小型レーダー衛星、超小型衛星/探査機、アバターロボット、食料生産技術、水再生技術など人類の宇宙への生存圏及び経済圏の拡大に必要となる技術を持つ研究開発型ベンチャーを幅広く支援する。

田中 学
田中 学
監査役

1993年に株式会社荏原製作所に入社し、各種装置の設計・開発、試験、施工に関わる。退社後、2004年に公認会計士に合格。同年より新日本監査法人(現:EY 新日本有限責任監査法人)に入所し、上場会社、非上場会社の会計監査に従事。その間にスタートアップベンチャーに出向し、CFO の立場として業務の立上げにも携わるなど、 会社の一連の業務の構築を行った経験を有する。2018年には田中学公認会計士事務所を開設し独立。技術的センスを併せ持つ公認会計士として、2021年10月より当社監査役に就任。

原 理
原 理
経営企画管理室長

1995年に神奈川大学大学院(経営工学専攻)、2009年にHult International Business School(MBA)を修了、通算21年、一部上場企業の経営企画部門で経営戦略策定に従事。在籍中に多数のM&Aやアライアンスに携わり、買収実務に加えて買収した事業のバリューアップにも参画してきた。2021年11月より経営管理部長に就任。経営管理面全般の管理と経営戦略立案を主導。

竹村 浩一
竹村 浩一
技術開発部長

1982年に国内大手界面活性剤化学会社に入社後、2018年に退社するまで、家庭用、工業用化学品のプロセス開発、ならびに、ラボスケールからパイロットスケール、実機スケールへのプラントのスケールアップ研究、さらに、国内外の同化学品の生産プラント建設、試運転、生産、保守、改善活動に従事するなど、プロジェクトマネージャーとしても活躍。これらの活動を通じて、数々の社内表彰を受賞。2021年12月に当社着任後、2022年1月より技術開発部長に就任。また、プラント開発グループリーダとしてエマルションフローによる商業プラントの開発を主導。

宮尾圭一
宮尾圭一
資源循環事業部長

1988年以降、大手材料・部品メーカーで30年間勤務。2010年 豪州BOND大学にてMBA取得。エレクトロニクスを中心に、世界中で、多種多様な業界のリーディングカンパニーと事業を展開。複数の新規事業の構想・立ち上げ、既存事業再構築を主導した後、国内の中堅機械メーカーに転身。新規事業を核にした経営再建に着手。コロナ化で大きく変わる社会を目の当たりにし、レアメタルのリサイクルを核にしたエマルションフォローテクノロジーズの理念に大きく共感し2022年に参画。現在、LIBリサイクルを中心に事業を軌道に乗せるべく尽力中。

                           

pagetop